現役大学生、はじめての就活メークをやってみた!vol.1 メークのお悩みは?

現役大学生、はじめての就活メークをやってみた!vol.1 メークのお悩みは?

105
インターンシップや就職活動の話題が増えてくるこの時期。でも、「就活って何から準備すればいいの?」と戸惑っている人も多いのではないでしょうか。勉強にアルバイトにと、充実した大学生活を送る2年生の天野一菜さんもまさにその一人。ということで、資生堂ヘア&メーキャップアーティストの髙橋礼行さんに、就活モードになるためのヘア&メークのポイントを聞いてみました!

PROFILE:
天野一菜(あまの いつな)
1996年生まれ、静岡県出身。上智大学外国語学部英語学科在学中に、「ミスソフィア2016」でグランプリを獲得。特技は英語。この春大学3年生になるため、就職活動を開始予定!
公開日:2017/2/28

就活メークではしっかりした印象を伝えたい……。でも、どこから手をつければいいの?

―天野さんは、4月から大学3年生になるそうですね。就活の準備は進めていますか?

天野:まだ本格的に始めてはいないんですけど、いまは業界研究を進めているところです。ディベロッパー(都市開発業者)に興味があって、商業ビルの建設や宅地造成、オリンピックに向けた整備など、まちづくりに関わる仕事をやってみたいと思っています。

161227_就活メイク111.jpg

天野一菜さん

―就活について悩んでいることは?

天野:やっぱり、企業の方との面接が心配です。いつものメークだと、まだ年齢相応に幼く見られてしまうのですが、希望の業種柄、もう少しキリッとした印象を出したほうがいいのかなと思っていて。でも、そのメーク方法がわからないのが悩みです。

―では、今日はそんな悩みを資生堂ヘア&メーキャップアーティストの髙橋礼行さんに解決してもらいましょう! 髙橋さん、よろしくお願いします。

髙橋:本日は、よろしくお願いします。

天野:よろしくお願いします! さっそくですが、メークの悩みを聞いてもらってもいいですか?

161227_就活メイク098.jpg

髙橋礼行さん(左)天野一菜さん(右)

髙橋:どうぞ。

天野:わたし、とにかく「肌荒れ」と、「目の下のクマが濃い」のが悩みなんです。普段のメークでも、肌トラブルを隠そうと思ってコンシーラーを使ったりするんですが、逆に厚塗りで目立ってしまって……。自然に隠す方法はありますか?

髙橋:実は、クマも肌トラブルも、就活ではそんなに気にする必要はないんです。

天野:そうだったんですか! 隅々まで隠さなきゃいけないと思ってました……。

髙橋:肌のコンプレックスを薄づきでカバーするには、いくつかコツがあるんです。今日は実際にやってみましょう。

ヘア&メーキャップアーティストが指南する、肌トラブルカバー術とは

vol.2 厚塗りにならずに肌トラブルをカバーするコツ[現役大学生、はじめての就活メークをやってみた!] につづく

関連記事

MENU